虫除けをする

鏡の中の自分

夏になると、虫除けを考えるひとが増えています。そして虫除けのグッズを用意する人も多くいます。蚊などの虫が刺すと人間はかゆみを生じるので、できれば、虫には刺されたくないと思う人が多くいるからです。 虫除けとして、昔から使われているのは蚊取り線香です。いまでも郊外の広めの一戸建てでは需要があります。 蚊取り線香は、火を使い、煙りもでるので、現在の狭い住宅や、マンションには不向きなのです。 最近では、買ってきてからパッケージをあけて使うタイプの商品が多くでています。たとえば、玄関やベランダにつるしておくだけものや、虫除けに効果的な臭いのついたジェルが入った起きがたタイプのものが人気で、これからも需要があるでしょう。1度開けたら、数ヶ月もつものがほとんどなのも魅力なのです。

虫除けグッズは、いまでは通販でも買えるようになりました。ほとんどの虫除けは、臭いを伴うものです。通販の場合は、臭いを確かめてから買うことはできません。香りがきつくて使えないことのないように、注意書や口コミも参考にしましょう。ものによったら、ちいさなこどもにはむかない商品もあるのです。香りだけでなく、起きがたタイプのものは、ジェルタイプだけでなく固形タイプもありますが、いずれもこどもの口にはいると有害になるものもあるので、置く場所にも注意が必要です。 また、スプレータイプのものもあります。これは、薬剤を息で吸ってしまう可能性もあります。使うときは、まわりにひとがいないかとか、口を結んで使うなど気をつけて使いましょう。